未来の学びと持続可能な開発・発展研究会「みがくダイアローグ」オンライン

 

みがくダイアローグ

★みがくダイアローグ(現在、原則、正会員限定) 開始★

オンライン(ZOOM等)でのダイアログです。

第1弾 畑正夫VS長岡素彦「トランスフォームとトランジッション」 4月4日(土)午前1000-1200

第2弾 高橋梓VS早川公「教育実践を通して主体性を問う」 4月10日(金)午後1300-1500(仮)

第3弾 小林久美子VS高橋朝美「中と外、そのあいだ。地域課題に取組む・・・ホッピーじゃないぞ」 4月19日(日)午前1000-1200

第4弾 山川清太郎(京都先端科学大学)VS村山史世(麻布大学)      5月1日(金)1800-2000

第5弾 松田剛史(藤女子大学)VS村山史世(麻布大学)「先生って、先生になるとは」 5月4日(月)午前1000-1200

第6弾 清水玲子(明治大学文学部)VS 滝口直樹(武蔵野大学客員准教授)「いきものといのちと私たち:生物多様性と人間のいとなみを考える」 7/4(土)午前1000-1200

第7弾 小林久美子 VS 長岡素彦 「2030アジェンダSDGsによるDX」 9/12(土) 13:00-15:00

第8弾 大重史明朗 VS 長岡素彦 「多文化の共生、多文化教育と2030アジェンダSDGsESD 」 1/22(土) 17:00-19:00

第9弾 村山史世 VS 長岡素彦  9/17(土) 19:00-21:00 

 

今後、みがくダイアローグでは、教員と学生・大学院生も参加する「師弟同行タッグマッチ」によるエンゲージメント研究や、卒業生やステークホルダーも加えた「6人タッグマッチ」も企画したい。

 

4/4 みがくダイアローグ1 
「トランスフォームとトランジッション」オンライン開催
畑 正夫(兵庫県立大学)
長岡素彦(一般社団法人 地域連携プラットフォーム)
ジャジ 村山史世(麻布大学)

 

4/10 みがくダイアローグ2
「教育実践を通して主体性を問う」 オンライン開催
高橋梓(近畿大学)
早川 公(大阪国際大学)
ジャジ 村山史世(麻布大学)

 

4/19 みがくダイアローグ3
「中と外、そのあいだ。地域課題に取組む・・・ホッピーじゃないぞ」 オンライン開催 
小林 久美子(浅草九重女将/千葉大学大学院園芸学研究科博士課程)
高橋朝美(一般社団法人 環境パートナーシップ会議)
ジャジ  滝口直樹 (武蔵野大学)

 

5/1 みがくダイアローグ4
「誰一人残さない世界を実現するために〜ある人生をめぐるSDダイアローグ〜」 オンライン開催 
山川清太郎(京都学園大学 フランス語 非常勤講師)VS村山史世(麻布大学 講師)
レフリー: 滝口直樹  立会人: 石井雅章 淺川和也

 

5/4 みがくダイアローグ5
「先生って、先生になるとは」オンライン開催
 松田 剛史(藤女子大学人間生活学部特任准教授/ソーシャルベンチャーあんじょう家本舗代表・ESD) 
 村山史世(麻布大学生命・環境科学部専任講師/武蔵野大学客員教授/あざおね社中会長・法学) 
 ジャッジ  長岡素彦(一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事)

 

7/4 みがくダイアローグ6
「いきものといのちと私たち:生物多様性と人間のいとなみを考える」オンライン開催
 討議内容 :自然・野生生物保護、鳥獣・外来種駆除、ペット・動物愛護・動物福祉
 清水玲子(明治大学文学部)「鎌倉のタイワンリス 外来種防除への異議申し立て」(仮)
 滝口直樹(武蔵野大学客員准教授) 「「いのち」から見た生物多様性保全についての予備的考察」(仮)
 レフェリー:村山史世(麻布大学) 

 

9/12 みがくダイアローグ7
「2030アジェンダSDGsによるDX」
 デジタルトランスフォーメーションによりSDGsを実現するという科学技術イノベーションSDGsではなく、2030アジェンダSDGsで地域と世界を持続可能にするのにデジタルトランスフォーメーションも使うサステナブルイノベーションSDGs(SDGs・DX)を論じます。
「そのDXは誰かを取り残していないか?
 みんなを幸せにする「デジタル変身術」とは」
 浅草九重・千葉大学園芸学研究科 小林久美子
「SGDs・DX ー 2030アジェンダSDGsによるDX」
 一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事 長岡素彦
 ジャッジ 兵庫県立大学教授      畑正夫 

 

 1/22 みがくダイアローグ8

多文化の共生、多文化教育と2030アジェンダSDGsESD
 
日時  1月22日(土)   17時~19時  ネット
 
主催 未来の学びと持続可能な開発・発展研究会
 
    いろいろな共生について、大重史朗さんより新聞記者、教員、研究者、実践者として多文化の共生(多文化共生の問題点)、多文化教育などをお話頂き、また、長岡素彦より共生と2030アジェンダSDGsESDを述べ、参加者とダイアログをします。
 
「多文化共生と在留外国人の教育と福祉の両立を考える」
大重史朗(一般社団法人多文化教育研究所代表理事、中央学院大学・専修大学・東京都市大学非常勤講師/多文化共生、メディア論)
 
「共生と2030アジェンダSDGsESD」
長岡 素彦(一般社団法人 地域連携プラットフォーム代表理事/ESD)
 
ジャッジ  石井雅章(神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部教授・学長補佐/環境社会学)
 

 9/17 みがくダイアローグ9

 
日時  9月17日(土)   19時~21時  ネット
 
主催 未来の学びと持続可能な開発・発展研究会
 
 サステナブルな地域と世界のために住民本位の地方自治を推進するための政策研究、市 民・団体との情報交換及び交流と地域情報をいかした「政策」や教育について実践を報告する。 具体的にはSDGsグリーンマップ、住民主体のアセスメント・調べる仕組み、DRR防災減災、住民主体のICT、OSMを報告し、論議する。 さらに、DX、Society5.0を超えたサステナブルな仕組みやDXの教育?、Society5.0の教育? などというものではないサステナブルな教育を考える。
 
報告者 
村山史世(麻布大学生命・環境科学部准教授/武蔵野大学客員教授/あざおね社中会長/International Green Mapmakers Advisory ・法学)
長岡 素彦(一般社団法人 地域連携プラットフォーム代表理事/ESD)
ジャッジ
石井雅章(神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部教授/環境社会学)